日经中文网
NIKKEI——日本经济新闻中文版

  • 20xx 水曜日
  • 0708

  • 搜索
Home > 专栏/观点 > 专栏 > 走进仙台皮肤科学会的“鲁迅”

老外汉学家的车轱辘话(9)走进仙台皮肤科学会的“鲁迅”

2017/07/17

PRINT

“老外漢学家”の繰り言(9)仙台の皮膚科学会における魯迅 

  藤井省三(東京大学教授)

 

 日本の宮城県仙台市にある東北大学医学部の相場節也教授からEメールを頂いたのは、去年6月のことだった。第116回日本皮膚科学会総会を東北大学の主管により仙台で開催するに当たり、「魯迅先生に関する講演を企画したいと考えております」という内容である。

 

 確かに魯迅(ルーシュン、ろじん、1881~1936)は、日本留学に際し医学を志し、仙台医学専門学校で一九〇四年九月から一年半学んでいる。仙台医専は東北大学医学部の前身であるので、魯迅はその同窓生となるのだ――学業半ばで退学し、文学へと転じているが。そして日本皮膚科学会は魯迅の日本留学よりも二年早い1900年の創立で、翌年には第1回総会を開催している。

 

 思えば魯迅は仙台で医学を学ばなかったら作家にならなかったかもしれない、作家になったとしても、別の作風の小説やエッセーを書いていたかもしれない。魯迅と深い縁のある仙台での医学会から声をかけていただいた私は、相場会頭とのEメール数回の往来を経て、題目「魯迅と日本、仙台における魯迅」の講演を私が、題目「中国における魯迅」の講演を本欄中国語訳者の林敏潔教授が各々45分で講演し、その後30分の討論を行なうという2時間の「特別企画」を決めた。ちなみにこの由緒ある学会では総会主宰者を会頭と称している――中国語で「会頭」は頼母子講など民間互助会の発起人を指すようだが、諸橋轍次著の『大漢和辞典』によれば、日本では「江戸幕府の職名。和学講談所の役人」であったという。

 

 こうして去る6月2日仙台にて三日間の総会の幕が開き、私は前日に南京から東京に飛来した林教授と新幹線で仙台入りした。真面目な林教授は宿舎のホテルに直行し、パワーポイントのチェックに余念がない。私は会場の下見を兼ねて仙台国際センターに出かけたが、文系の学会とは雰囲気が違っている。たとえばこの学会一日目の夕方には、東北大学百周年記念会館でピアノ・コンサートが開催され、奏者はチャイコフスキー,ショパンの二大国際コンクールに入賞したという「人気・実力ともに日本を代表するピアニスト」で仙台出身の小山実稚恵氏、1000席の会場が満員であった。学会一日目が終わった後に、一流の音楽家の演奏を楽しむという余裕と、聴衆の多さに驚いてしまった。

 

 その後の美味しいフランス料理の夕食会で、実行委員会の山﨑研志准教授や菊地克子博士に伺ったところ、皮膚科学会の会員数は12000、総会参加者は5000人を越すというのだ。私が所属する日本中国学会は主に哲学・文学・語学の研究者を対象とするが、会員数が1800人、総会参加者は500人程度、会期も二日である。医学者の学会は文系の学会とは規模が一桁違うのだ。この夕食会でも東北伝統芸能である津軽三味線の伴奏による民謡が披露されていた。

 

 さて「特別企画 魯迅」は総会二日目の6月3日の午後に開催された。皮膚科学会の方々は実に研究熱心で、昼休みにもお弁当を食べながら「最新の乾癬治療」などの講義を聞くランチョン・セミナーが十以上も用意されている。これは製薬会社との共催である。そんなに忙しい医学者が魯迅の話を聞きに来て下さるかしら――と心配する林教授に私は、日本の教育テレビの番組は、視聴率1%でも100万人の視聴者となりますから、と冗談で応じていた。

 

 14:45に私たちの「特別企画」が始まると、林教授の心配は杞憂となり、100人ほどの聴衆が参加して、熱心に耳を傾けて下さった。そして質疑応答の時間になると次々と手が上がるのだ。私が、太宰治の小説で仙台時代の魯迅を主人公とした『惜別』(1945)では、音痴だけど小粋な魯迅が活写されている、と紹介したことに対し、一人の方が太宰治は『惜別』執筆前に来仙し、魯迅の下宿の親爺や同級生に会って、そのようなエピソードを聞いたのではないか、薄場真(うすば・まこと)先生が健在だったらお父上から魯迅にまつわる話を聞いていたかもしれない、東北大学皮膚科の薄場先生の後輩で先生と親しくしていたのは齋藤信也先生で、本日もそこに座っておられる、とご教示くださった。これを受けて齋藤氏が立ち上がり、薄場先生のお父上は魯迅の同級生で、生前魯迅のことをお話しになっていたようだが、残念ながら薄場先生はこの四月に89歳で亡くなりました、と教えて下さった。

 

 このあたりで私も、薄場真氏の父とは薄場実氏のことであるのに気付いた。東北大学医学部では魯迅逝去直後から魯迅の事跡調査が行われており、戦後にはこれに日中友好協会宮城県支部連合会が加わって研究が進められ、一九七八年には『仙台における魯迅の記録』という力作の資料集が刊行されている。私が院生だった頃のことである。同書には齢八十代後半となっていた薄場実氏に対する長文のインタビューが収録されており、そこで実氏は担任教授の藤野先生については雄弁に語りながら、魯迅に関しては「同じ教室におりながら、ことばさえも、そんなに、かわすような機会がなかったもんですから・・・・」と寡黙である。それは実氏が魯迅よりも六歳ほど年少で、苦学生として毎日牛乳売りのアルバイトで忙しかったためであろうが、あるいはご子息の真氏には魯迅の印象などを語っていたのかもしれない。

 

 「特別企画」閉会後も、多くの聴衆の方々から感想を伺った後、私は林教授を会場近くの仙台城跡にある魯迅記念碑にご案内しながら、仙台そして東北大学医学部の方々が魯迅に寄せる深い親しみは、実に感動的でしたね、と語りあった次第である。

 

 さてこの学会二日目の夕方には、巨大な立食パーティーが開かれた。パーティー開始前には、福島県の元炭鉱を舞台とした映画『フラガール』(2006年)でお馴染みのフラダンスが高校生により披露されている。未成年である高校生が退場した後に、ビールが各テーブルに配られるのを見ながら、前日のピアノと民謡、今日のフラダンスと、学会で東北地方のさまざまな文化が幅広く紹介されているのに、私は感心していた。そして昨夜のフランス料理も今夜の鮨やステーキのバイキング料理も、食材は東北六県を産地とするのだ。

 

 パーティーの挨拶で相場会頭はこう語っていたと記憶する――2011年の東日本地震の際の、皆様の東北へのご支援に深謝いたします。東北大学皮膚科も被災地支援に務めて参りました。ご来場の皆様もぜひ東北の美酒美食を味わって今後とも東北復興を応援して下さい・・・・。

 

 魯迅に対する親しみもこのような郷土愛を背景としているのだ・・・・私は会場の一角で東北の銘酒を味わいながら、とても暖かい気分に浸りつつ、遠来の賓客である林教授や医学者の皆さんと乾杯したのであった。

 

著者略歴

1952年生まれ。1982年東京大学大学院人文系研究科博士課程修了、1991年文学博士。1985年桜美林大学文学部助教授、1988年東京大学文学部助教授、1994年同教授、2005~14年日本学術会議会員に就任。専攻は現代中国語圏の文学と映画。主な著書に『中国語圏文学史』、『魯迅と日本文学――漱石・鷗外から清張・春樹まで』、『村上春樹のなかの中国』、『中国映画 百年を描く、百年を読む』など。

 

本文は著者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解を代表するものではありません。

ad

报道评论

非常具有可参考性
 
128
具有一般参考性
 
0
不具有参考价值
 
1
投票总数: 129

二维码

日经中文网
公众平台上线!
请扫描二维码,马上关注!

金融市场

日经225指数22396.8045.6811/17close
日经亚洲3001392.9812.7311/17close
美元/日元112.03-1.2111/1805:50
美元/人民元6.6269-0.002211/1720:49
道琼斯指数23358.24-100.1211/17close
富时1007380.680-6.26011/17close
上海综合3382.9075-16.342811/17close
恒生指数29199.04180.2811/17close
纽约黄金1295.818.411/17close

关于日经指数